no...06 | 恋するいちご
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
no...06

二年生になり、佐藤とは違うクラスになった。
けれどあのことがきっかけで、目で追うようになった。

「ほかの人を好きになって欲しくない」
というワガママな気持ちがだんだん大きくなっていく。
だけど自分の気持ちを伝える勇気もなかった。
それに、佐藤のことを好きと認めるのをためらう気持ちがあった。

わたしは本当に佐藤がすきなの?
ちょっと優しくされただけなのに?
相手に好かれているから、逃げているだけ?

毎日、自分の気持ちを確かめて、疑って、それの繰り返しだった。
だけど一学期が終わる頃には、自分の気持ちがはっきりしていた。
| 21:08 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |









 
この記事のトラックバックURL

http://oopinkyoo.jugem.jp/trackback/27